ファルコの進める調剤薬局

在宅医療への取り組み

薬局を出て、患者さまのもとへ。 拡がる在宅医療。「薬のスペシャリスト」である薬剤師だからできること。

在宅医療が推進される今、私たち薬剤師が「薬のスペシャリスト」
として行動すべきことがたくさんあります。
飲めていない薬を飲めるかたちに、副作用に少しでも早く気づい
て薬のリスクを避けていけるように。
患家に足を運んでこそ見えてくる、本当に必要なケア。
すべては、相手の立場にたった思いやりの結果です。
待ちの姿勢ではなく、アクティブな薬剤師という新たな
アイデンティティは、自分たちで作るのです。

地域の医療チームの一員として貢献

超高齢社会をむかえ医療体制が変化するのを背景に、療養の場を病院から自宅や介護施設に移す患者数が増加の一途を辿る日本。在宅医療の充実が課題とされる中で、薬局薬剤師が在宅医療にもっと関わっていくことが必要とされています。
私たちは地域の医療チームの一員として、医師や看護師・ケアマネージャー等と連携し、高齢者のサポートや在宅緩和ケアに積極的に参画。患者さまとご家族のQOL向上に向け、この取り組みを一層強化してまいります。

超高齢社会で必要性を増す在宅ケア

高齢者、特に在宅療養中の方は、薬を正しく服用できていないケースが多いことが問題とされていますが、薬剤師が直接説明することで、明らかにアドヒアランスの向上に結びつけることができます。さらに、ADL(生活活動動作)の低下や副作用の発現を早期に察知し、薬剤の種類や量について医師に提案していくことも重要な役割のひとつです。

患家に赴いて生活環境や服薬サポート状況も確認
お薬カレンダーなどの工夫でアドヒアランスを向上

在宅ホスピスで緩和ケアに取り組む

ターミナルケアの場として在宅ホスピスが注目されている中で、薬局薬剤師が在宅緩和ケアに関わることが重要視されています。薬剤師の目線で患者さまの状態を確認し、適切な薬剤量や投与方法を提案。ケアチームで連携をとりながら、痛みのコントロールや症状の緩和につなげます。患者さまとご家族が安心して家で過ごせるように、最期まで「その人らしく生きる」ことをサポートするために、私たちは工夫と提案を怠りません。

チーム医療を支える一員として迅速かつ丁寧な対応を心掛けています
無菌調剤施設を設けIVH(中心静脈栄養法)にも対応