ファルコの進める調剤薬局

IT化の推進

ITシステムは私達の強い味方 薬局のIT化推進で「より速く」「より正確に」。

ソフト(人)が肝心な仕事だけど、ハード(システム環境)を整える
ことで「より速く」「より正確に」。
速さの追求は患者さまをお待たせしないためだけではなく、
カウンセリングの時間を十分確保するため。
「迅速・正確・信頼」をキーワードとするファルコファーマシーズ。
患者さまとの「信頼関係」を大切にし、安全と安心を保障する。
そのために私たちは妥協しません。

ITの積極導入でクオリティを追求

ファルコグループの基盤である臨床検査事業では、創業以来半世紀にわたり、全てのプロセスでシステムを最大限に活用することで高い精度を保証してきました。このため当グループには「品質を確保するにはITの活用が有効」という考え方がベースにあり、1999年に調剤薬局1号店を開設したときから積極的なシステム導入を行っています。現在、当社は様々なシステムを全店共通で活用し、徹底したIT化で薬局の高いクオリティを確保しています。

「迅速・正確・信頼」の実現に向けたシステム導入

ITの積極導入によりスピーディで正確な調剤を実現。患者さまの待ち時間をできるだけ短くするとともに、効率化で得られた時間を活かし、余裕をもってカウンセリングを行うことで、安心・安全な服薬につなげています。

調剤の自動化でよりスピーディかつ正確に
電子薬歴管理システムで綿密にチェック


徹底したインシデント対策で患者さまの安全・安心を確保

ファルコファーマシーズでは、正確な調剤を徹底して行うために、処方せんの内容と薬剤をバーコードで照合する調剤過誤防止システムを全店に導入。さらに患者さまの飲み間違え防止に向けて、薬袋にお薬の名前だけでなくカラー写真や飲み方も印刷するシステムを導入し、患者さまの飲み間違え防止に役立てています。
薬局の中だけでなく、患者さまにお渡しした後も含めて責任を持つのがファルコのインシデント対策です。

調剤過誤防止システムで調剤ミスをゼロに
わかりやすい薬袋で患者さまの飲み間違え防止

電子版お薬手帳

患者さまが薬局の領収書に印字された「2次元バーコード」(QRコード)を携帯電話で読み込むことにより、どこでも処方履歴を呼び出せるシステム。グループ会社である(株)ファルコバイオシステムズが(株)インテージと共同開発し、当社薬局でいち早くサービスを開始しました。